不倫に求めるもの

男性が不倫をする理由は分かりやすいですよね。
男性は若い女性が好きですし性欲も強いので結婚しようが子供が生まれようがセックスをしたいという気持ちがなくなるわけではありません。

妻とだけセックスをしてそれで満足を得る事が出来ていれば問題はないわけですが、
妻にしてみれば子育てで毎日くたくたになっているわけです。

夫の夜の相手までしていられないというのが本音なのではないでしょうか。
そのため夫が妻にセックスを誘っても断られる。

何度も断れると夫も凹みますから誘うのも億劫になり、セックスは外ですまそうと不倫に走る男性が増えるという図式です。

それにいくら相手の事を愛していても、それがセックスの快楽に直結するわけではありません。

同じ相手とセックスを重ねるうちにマンネリ化する事は避ける事は出来ませんし、昔は若くて可愛かった妻も子供が生まれて太ってしまった、
化粧をしなくなり女性らしさが見られなくなったと変化が現れているかもしれません。

では妻の方が不倫に走るのはどうゆう事情か?
というと子育てがひと段落し時間に余裕が生まれたものの夫婦間は長くセックスレスの状況で今更夫とセックスをする雰囲気にはならないわけです。

それに夫は子育てにも非協力的で家事も手伝ってくれないと夫に対する不満もあります。

また男性から女として扱われたいという願望もその男性が夫ではなくて夫よりも素敵な若い男性であれば自分の魅力はまだあると自信を取り戻す事が出来るというわけです。

それに日常生活が単調で何か刺激が欲しい、世界を広げたいという気持ちも不倫を一押しするわけです。

もしかして不倫をしている夫婦は夫も妻も両方不倫をしている可能性が高いのかもしれませんが、それはお互いに知らぬが仏ですよね。

不倫のお金

不倫している事は家族にはバレないように慎重に注意しているという人が多いでしょう。
しかし慎重に注意しているつもりでも明細書が原因で不倫がバレてしまうケースが多いようです。

家計は妻が管理しているので男性はあまり明細書に意識が向かないかもしれませんが、
例えば携帯の明細書が届いたとして、それを真っ先に目にするのは妻です。

明細書の通話料やメールのパケット代が急に増えたという場合、何か原因があると考えますよね。

転勤して職場が変わって営業になった・・・・・というしっかりとした理由があれば携帯代が上がっていても問題はありませんが、
何も日常生活に変化はないはずなのにいきなり携帯代が上がれば何かあったのか?
と妻が怪しむのも時間の問題です。
携帯代以外にもクレジットの明細書も注意が必要です。

クレジットの明細書はどこのお店でいくらの金額を使用したと明確に表記されますからあなたの行動が一目瞭然になってしまうのです。

居酒屋などのお店であれば同僚と飲みに行ったと言えますが、
男同士では行きそうもないオシャレなレストランや出張では使わなそうなホテルに泊まっていれば不倫をしているとクレジットカードの明細書が教えてくれるのです。

最近は明細書は紙ベースではなく、ネットやメールで管理出来るようになっているので設定をネットやメールに変更し、自分で確認出来るようにするか、
もしくはクレジットカードを利用せずに現金払いにするようにしましょう。

不倫をするとお金が動く、そのお金の動きから家族に不倫がしているとバレてしまう事があるので慎重に行動しているつもりでも、もしかすると何かが抜けているかもしれませんよ。

不倫の後の結末は?

浮気の場合は、たいてい、破局で終わってしまうケースが多いようですね。
でも、絶対というわけではありません。

例えば、既にパートナーがいたけれども、後から出会った人の方が
運命の出会いだったということも、ドラマだけではなく、現実の世界でも
起こりうるのです。

その場合は、浮気とは言え、恋愛のスタイルの一つだったということに
なるのでしょう。

恋愛であれば、別れてしまう可能性もありますが、もしかしたら、
本来の相手とは別れて、浮気の相手同士で再婚なんていうことも
ありうるかもしれませんね。

実際には、そういう場合よりも、本気ではなかったけれど、ちょっと家庭内で
配偶者との関係があまりうまくいっていなかったので、つい浮気してしまった!
…とか、結婚はしているけれど、
他の相手とも付き合ってみたかった!
…というような場合が多いようですね。
後からの出会いが運命の出会いという程ではなかった…というときは、結局、
最後は、元々の相手のところに戻ることになるのでしょう。

不倫とは、多くの場合、最後に別れが待っているものなのですよね。

でも、浮気や不倫の目的が体だけではなく、心まで惹かれてしまっている!
という場合は、不倫サイトで出会った浮気の相手とゴールインするようなことも考えられます。

不倫の後は、100%破局というわけではないのですね。
どんなときに、そんなことが起こりえるかというと、例えば、元カレや
元カノとの偶然な出会いや再会で復活した関係などの場合が考えられます。

もともと恋愛感情があった相手との関係なので、火がついてしまうことも
少なくないようです。
そんな場合は、現時点のパートナーを捨てて、新しいパートナーとの関係を
始めることもあるようですね。

不倫の鉄則

不倫をする場合、セックスのみの関係であればあまり問題になりません。
しかし身体だけの関係だからと安心していると、自分はそのつもりでも相手がそのつもりかどうかなんて分かりませんよね。

最初はそのつもりだったとしても何度も会ううちに恋愛感情が芽生えてしまうという可能性もあるからです。
例えば不倫で多いのは職場の部下と不倫関係に陥るというケースかもしれません。

身近で毎日会う相手なのでそうゆう関係になりますいのかもしれませんが、
相手が未婚者であれば危険です。

若いうちはちょっと危険な不倫関係を刺激に感じるかもしれませんが、数年もそんな不倫関係が続き、周囲の友達も結婚して幸せそう、自分も結婚して子供が欲しい、奥さんと別れて欲しいとか、
出来ちゃった婚を仕掛けてくるかもしれません。
お互いが既婚者同士であれば、そう簡単に家族を捨てる事は出来ませんから不倫からそれ以上に関係が発展しにくいというわけです。

また職場での不倫関係ならば修羅場になった時に、自宅の住所もバレやすいですし、不倫そのものが職場にバレてしまえば、あなたの将来の出世等にも大きく影響してしまうでしょう。

不倫は文化だとか、不倫をする事は珍しい事ではない、みんなしていると言ってみたところでやはりまだ世間体が悪いのは変わりませんよね。

不倫をする時の鉄則とはまず周囲に不倫をしている事がバレないという事、そして不倫相手と恋愛感情にならないという事の2点です。

息抜きや欲求不満の解消に、不倫を楽しむ、隠れた趣味としては問題ないと思いますが、それがあからさまになってしまうと離婚や退職などに追い込まれ、人生が大きく狂ってしまうかもしれません。

不倫はあくまでも割り切った関係と考えること

毎日、家の中だけで生活していると、平凡な生活に退屈してしまうことも少なくないでしょう。
しかも、同じような生活を送っていると、夜の生活も自然に消滅していくことが多いようです。

「忙しくて疲れているから」などの理由で、家に帰ってきた夫と会話をする時間もなく、
当然、夜の生活も、雰囲気的に、そんな感じではなくなってしまい、
断られてしまうことも
増えていくのではないでしょうか?
こうなると、疲れているからというよりも、マンネリ化した関係や、刺激がなくなっていて、

相手を異性として見れなくなっているからという理由の方が大きいようですね。
妻の方でも何度も断られているうちに、なんとなく、乗り気ではなくなってしまうのです。

とは言っても、お互いに対して大きな不満があるわけではありません。
だから家庭を壊したくはないのです。
ただ、お互いに刺激が必要というだけなのですね。

そのため、出会い系サイトを利用する人が少なくないようです。
でも、出会い系サイトに登録して不倫するとなると、あまり良い印象がありません。
ですから、最初はためらってしまうかもしれませんね。

でも、よく考えた結果、それ以上、夫婦の関係がこじれてしまう前に、新たな関係で欲求やストレスを
晴らした方が、家庭を崩壊させるよりは、ずっと良いと考える人も少なくないようです。

不倫サイトというと、なんとなく、トラブルに巻き込まれたりしそうという先入観もあるようですが、
気をつけていれば、それ程、トラブルに巻き込まれたりすることも多くはないようです。

また、最初から、不倫の相手に深入りしようとは思わずに、一度きりの関係と思ってつきあえば、
面倒なトラブルに巻き込まれることは、まずないでしょう。

それよりも問題なのは、不倫の関係なのに、相手に深入りしてしまうことです。

割り切った関係と思って、関係を楽しんでいる分には、良い刺激となり、溜め込んだストレスや欲求を
晴らすことができるのですから、付き合い方次第とも言えるようです。

不倫サイトでアドバイスを受け冷静になる

不倫といっても、うまくいっている不倫もあれば、どんどん病んでいく不倫もあります。
不倫サイトには、毎日様々な悩みごとや相談事が舞い込んできます。
経験者がアドバイスしてくれたり、親身に話を聞いてくれたり。
ある女性は、家庭のある男性と恋に落ち、いけないこととわかっていながら関係を断ち切れないままでいました。

きっかけは飲み会で、酔いつぶれてしまった女性を介抱しているうちになんとなくホテルに行ってしまったようです。

女性の方は酔った勢いもあって、一晩限りの関係だろうと思っていたのですが、その後も男性から食事に誘われ、だんだんと相手を意識するようになっていたようです。

付き合って欲しいと言われた時は、天にも登る気分でしたが、すぐに現実に引き戻されました。男性には家庭があり、子供もいるということでした。

どうして、そのことを黙っていたのか腹が立ちましたが、男性は自分の気持ちに嘘はないと押し切られ、特定の相手もいなかった女性はそのまま不倫を続けることになったのです。

その内に、心と身体のバランスが崩れてきて、相談する相手を探して不倫サイトに登録したのです。
そこで、いろいろな不倫の経験や体験談を聞いたりしているうちに、だんだんと冷静になっていきました。

思い返せば、女性はいつも男性のペースに合わせてばかりで、自分が会いたい時には会えていませんでした。そうやって考えていくと、結局は都合のいい女でしかなかったのかもしれない。

そう気付いた女性は不倫関係を終わらせることにしたのです。
鳩が豆鉄砲を食ったような顔をしていたと、別れ話を切り出した時の男性の様子を表現していました。

不倫サイトがなかったら、今でもズルズルと男性と付き合っていたかもしれません。時間は取り戻せませんから、早めにリセットできたよかったと思います。

不倫サイトで変わる不倫のカタチ

ある調査によると、パートナーとセックスレスなカップルは年々増えてきているようです。やはり、長年同じパートナーだと刺激がうすれてくるのは避けられない。
子供ができるとセックスするタイミングが失われてしまう。そんな理由から、営みの回数が減り、それとは反比例するように、発散できない性欲が不満となって降り積もるのです。

近年、不倫は身近な存在となっているようです。不倫を結婚外の恋愛、秘密の花園と表現する人もいますが、もはや不倫は恋愛感情がビッチリとこびりつくようなものだけではないようです。

それは不倫サイトの台頭です。アシュレイマディソンをはじめとする不倫サイトが、不倫のハードルやスタイルを変えました。

肉体関係の結びつきを持つための相手をSNS上から簡単に探すことができるようになったのです。さらに、ネット上という希薄な人間関係が、不倫に対するハードルを下げ、参加者の数を押し上げています。

不倫サイトは海外業者が提供するアシュレイマディソンのほか、国内業者が提供するものもあります。国内業者の不倫サイトとしては、日本人のニーズをつかんだ内容がメリットになっているようです。
そんな国内業者の不倫サイトはこちら。

不倫サイトで官能的な扉を開く

不倫サイトはその名の通り、不倫をしたい既婚者が集まるコミュニティです。今いるパートナーに不満はないけれど、もっと刺激的な関係を持ちたい、でも面倒なのはいやだ、という方が増えてきています。
そのような方が不倫サイトを活用する傾向にあるようです。
不倫サイトについては様々な意見がありますが今では利用する人も結構見かけるようになりました。
不倫は悪と決めつけるのではなく、不倫をすることによって現在のパートナーと関係が改善するカップルもいます。

刺激的な体験をするにしてもいきなり身近な存在をターゲットにしててもなかなか見つからないと思います。それは当然です。需要と供給の意味でも、不倫サイトを利用したほうがずっと効率が良いのです。

不倫サイトについてはアシュレイマディソンが有名です。カナダ発祥のサイトですがこのSNSがきっかけとなって不倫サイトが増えてきたといっても過言ではないでしょう。

もっとも、不倫サイトの起点となったからと言って使いやすいかという問題とは別です。やはり海外で有名となったサイトなので、若干とっつきにくい点があります。その点国内業者は安心です。
サクラなどの存在に注意しながら、国内不倫サイトで官能的な扉を開くのも良いでしょう。

不倫サイトに惹かれる理由

不倫。妖艶な響きの言葉に惹かれる人々が増えています。社会的タブーともいわれる不倫ですが、現在ではその定義が変わってきています。不倫サイトの登場です。

不倫サイトでは、タブーにあえてスポットライトを当て、男女の出会いを演出するSNSです。有名どころとしては、海外カナダ発祥のアシュレイ・マディソンがあります。

アシュレイマディソンは既婚者限定の不倫サイトです。登場当初、あまりにも刺激的なキャッチフレーズに非難が集まりました。にもかかわらず、利用者が伸びています。なぜでしょう。

それは不倫へのニーズが高いことが挙げられます。つまり、現在のパートナーに対して不満を持っている人が多いということです。

ただし、不満を持っているといっても、実際に不倫サイトを除くとわかりますが、一夜限りのあとくされない関係をのぞむ人が多いです。
つまり、セックスに不満を持っていて、セックスパートナーを探している人が多いということです。セックスパートナーは不倫サイトで比較的簡単に見つけられます。不倫サイトへの参加者が目的を登録しているからです。
同じ目的を持つ二人が出会うとどうなるかは目に見ずともわかるでしょう。海外発祥のアシュレイマディソンよりも国内不倫サイトも充実しています。こちら。

不倫相手を傷つける場合

例えばセックスの最中に「好きだよ」と言った方が気分が盛り上がって興奮するからついつい疑似恋愛のような時間を過ごしてしまう・・・・という場合、それは相手を傷つける事になるかもしれません。

不倫で一番罪が大きいのは妻に嘘をつく事ではありません。
不倫相手の女性に嘘をつく事です。
例えば単身赴任の男性がいたとしましょう。

赴任先では独身気分を味わいたいと左手の薬指から指輪を外して仕事をしています。
そして開放的な気分で職場の女性と関係を持ってしまった。
この場合は相手はあなたの事を独身だと思っているわけです。

不倫をするのに抵抗がないという人もいてますが、やはり大半の女性は不倫には抵抗がありますから知らずに自分が不倫をしていたと気づけば当然傷つきます。
もしくはこんな男性もいるでしょう。

妻とはもう何年も上手くいっていなくて今離婚調停中なんだ。
妻と別れる事が出来たら君と結婚したいと嘘をつくわけです。

この場合相手の女性は奪略愛という事になり、その事に対しては罪悪感を持っているかもしれませんが家庭を壊したわけではない、最初から家庭は壊れていたんだと自分を納得させているわけです。

そんな中男性が妻と子供と仲良く家族でクリスマスを過ごした・・・・なんて事実を知ればどう思うでしょうか?
自分と結婚する気なんて全くゼロで、
ただセックスをしたいがために女性に嘘をついたのだとすればそれは許される嘘ではありませんよね。

お互いが納得しているのなら不倫も問題ありませんが相手が納得していないのに嘘をついて不倫をするのは大きなトラブルの元になりかねません。

不倫相手を選ぶコツはなし

不倫であっても、二人の間に愛があればいいんじゃないのって思いますけどね。

不倫にもいろいろあって、身体目的なだけだったり、相手に強く言い寄られて断れなくてだったり、最悪なのがお金目的の不倫といったところでしょうか。

金の切れ目が縁の切れめならまだいいかもしれませんが、お金がなくなっても不倫をばらすぞとか、なんらかの弱みを握りながらお金を要求されたら、たまったものではありません。

不倫という響きに憧れを抱いている人もいるかもしれませんが、不倫がいいんじゃないんです。相手次第ですよ。相手選びを間違えると、袋小路に迷いこんでしまうかもしれません。

また、不倫は相手がいてこそですが、相手が自分にべた惚れなら自分の都合に合わせてもらう感じで付き合っていけばいいと思いますし、楽だと思います。

だけど、自分が相手のことを手放したくない感じだと、やっぱり当然相手はだんだん調子にのってきますよね。

不倫ということで、普通の恋人同士とかならできることが気軽にできなかったりと、実際ストレスが貯まるのも事実で。
そこに負い目を感じで、自分ができることがあるならなるべくわがままを聞いてやりたいなんて思うかもしれませんが、そういうのが好きだったり負担にならないならいいと思いますよ。

だけど、基本的に不倫であっても関係はイーブンでありたいって人も多いじゃないですか。
やっぱり不倫は相手次第なんです。
でも、文句ひとつ言わず静かな人だから選んだのに、別れ話を切り出したら豹変したって話も聞きますから、何を基準に相手を選んでいいのか、わからなくなってきますね。

人妻との不倫は毒を食らわば皿まで

以前は「人妻の不倫」といっても官能小説や映画だけの世界だったと思います。しかし社会的に女性の地位が上がってきたからでしょうか、最近では不倫主婦の存在はそれほど珍しいものでは無くなっています。

彼女たちの不倫に至る動機は様々ですが、中には「夫が浮気をしていたので、その仕返しにセフレ掲示板を利用し不倫をした」というものがあります。
要は不満があってその意趣返しということですが、このようなタイプの人は夫の行動に関係なくいつか不倫をしてしまうタイプのような気もします。

まあ少なくとも不満が不倫へのキッカケになっていることは大いにあるようです。特に女性が感じる不満としてはセックスレスがあげられますが、これは生物としての男女の違いで仕方ない部分もあります。
男性は若いうちに性欲が強く、加齢とともに衰えていくものですが、女性は中高年辺りまでどんどん性欲が加速する生き物なのです。
しかも男性は仕事で疲弊していることも多いですから、セックスレスになるのも仕方ないことです。また、最近でいえばLINEなどで連絡を取り合わないことも原因にあげられます。

そういった意味では人妻は不倫相手として良いターゲットと言えますが、不倫がバレた時のリスクについては十分に考えておく必要があります。
男性の側は社会的な地位の損失や、不倫相手のパートナーからの訴訟などを考慮しておく必要があるでしょう。
人妻は不倫相手として非常に良い相手となりえますが、不倫をする以上は毒を食らわば皿までという覚悟を持って望む必要があるのです。

悩み相談もできる不倫サイト

浮気や不倫の相談をするなら、何といっても、不倫サイトや
浮気ネットサイトです。

どうしてかというと、通常、浮気や不倫の相談を誰かにすると、それが、
たとえ、自分とはかなり親しい相手であっても、反対されてしまうからです。

親兄弟であれば、自分のことを深く思ってくれるがゆえに、強烈に
反対することでしょうし、友達の場合も、そんな関係は道徳的に良くないから、
やめた方が良いと言われるのがオチではないでしょうか?
でも、
不倫や浮気をする人は、それが良いと思ってしている場合は、
ほとんどないようですね。
たいていの場合、今のこの関係をどうにかしたいと思って、他の人に
相談するわけです。

良いとか悪いとかの意見を聞きたいわけではありません。
どうにもできないから、相談するのですね。
そこで、そんな不倫の相談を遠慮なくできる場所があります。
それが、不倫サイトなのですね。

不倫サイトを利用している人たちは、不倫を過去に経験していたり、
今も不倫中という場合の人が多いので、皆、同じような境遇にある場合が
多いようです。

だから、正当論だけではなく、お互いに、今後どうしたら良いのか?
などの問題を真剣に話しあうことができます。

また解決してはもらえなくても、話しあったり聞いてあげたりすることで、
心のわだかまりがすっきりして、自分でも冷静に考えられるようになった!
なんていうこともあるようです。

既に不倫から抜けきった過去の不倫経験者の意見はとても貴重で、今後を
どうするか考えるときには、もっとも、ためになる意見となることでしょう。

不倫での出口が見つからないときに、その出口への糸口を見つけるには、
不倫サイトを訪ねてみるのが良いようですね。

既婚者と不倫をしよう

変化が全くないような生活をしていると、だんだん嫌気がさしてしまうという人もいるのではないでしょうか?
僕は18歳に妻が妊娠をして結婚をしたため、あまり遊ぶことができませんでした。

友達たちは色々な遊びをしている中、僕は仕事をする毎日でしたし、帰ったら妻と子供がいたため、遊んだ思い出がほとんどありません。

特に、妻とセックスレスになってしまって、最近は欲求不満の状態になっています。
自分から妻を誘うのですが、毎回妻に断られてしまいます。

欲求不満でストレスも感じるようになりましたし、家の中もぎくしゃくしてしまって、だんだん不倫願望を持つようになりました。

欲求不満を解消するために、出会い系サイトを利用するようになり、そこで年下の女性とやり取りをするようになりました。

その女性も既婚者だったのですが、最近夫との仲があまり良くなく、セックスレスで悩んでいました。
メールで仲良くなってきたので、一緒に食事をすることになりました。

食事をしながらお互いのことを話ししていたのですが、意気投合して、食事が終わってからホテルに行くことになりました。

お互いに久々にセックスをすることができるということで、かなり激しいセックスを楽しむことができました。

それから、その女性と1年程度不倫関係になっていたのですが、お互いに、そろそろ関係を切ったほうがいいという結論になり、その女性とは不倫関係を解消しました。

あまり続けていても、不倫が気づかれやすいですからね。
既婚者同士のほうが不倫相手としてばれにくいのですが、さらにリスクを抑えたいなら、関係を持つ期間は決めておいたほうがいいと思います。

そうしないと、ずるずる関係が続いてしまう可能性もありますし、ばれる危険性も高くなってしまいます。

最も不倫がバレやすい物とは?

不倫で避けたいのは、友人や同僚、親類といった近しい人にバレることです。妻に関しては絶対に避けるべきなのは当然ですが。
口が堅い友人ならまだしも、会社の同僚などは野次馬根性から噂を広めるものです。

そのために、不倫にはげむ人は日夜バレなように工夫していると思います。

たとえば、ホテルにはシャンプーとボディソープは自宅で使っているものを小分けして持参するとか、
不倫相手からプレゼントされたネクタイピンなど女性が気づきやすい小物を普段は付けないようにするなどでしょうか。

また、日頃の態度にも気を配っているでしょう。

自然体を心がけたり、饒舌にならないようにするでしょう。人は嘘をついていると饒舌になるものですから、不倫に慣れている人は不要な会話をしないようにしますよね。

仮に妻が勘ぐっていることを察知していても、知らないふりをして「どうかした?」と率直に聞いたりといった具合ですね。

しかし、こういった几帳面な人が不倫を自らバラしてしまうことがあるのです。

それはちょっとした物なのですが、一体なんでしょうか?

意外かも知れませんがレシートです。
日頃の行動や言動に緻密な人というのは、レシートを保管しておく傾向が強いのだそうです。

買ったものが不良品だったなら交換してもらえますし、会社の経費でまかなえる出費で領収書代わりにもなるでしょう。
しかし、購入したものに問題がなくても即レシートを破棄する人は希です。
大体、財布の中などに保管しておいて「ちょっと財布がかさばってきたな」と思った時にまとめて捨てるものです。

主婦もレシートに敏感なものです。
うっかり「これ捨てておいて」と渡すのはおろか、破きもせずゴミ箱に捨てるのは控えるべきです。
不倫相手と食事をしたときのレシートが見つかれば、一発でバレるでしょう。
なんせ、二人分の会計で、オーダーしたメニューの一方が女性であると分かるような内容なのですから。

サブコンテンツ

このページの先頭へ